カラミ通信

ビジネス 健康メモ

2 黄帝内経の「心」を知る

2016 北京中医薬大学教授 
~個人の備忘録  講座記録~

 

心の概念

心は「君主之官」と言われる。主宰(人々の上に立ち、中心になって物事を行う人)であり、意識、思惟(思考)、行為(行動)、情感をつかさどる。

西洋医学での「心」の概念

胸の左側にある。ポンプ(水泵shuǐbèng)、血をくみ上げる、全身に血を巡らす。
心臓には弁膜がある。血液が回流できないような作用→血は一方向に流れる。
血が心臓を流れ出る時、栄養物質や酸素を全身の各臓腑組織に運ぶ。栄養と潤い。
血が戻ってくるとき、血液中の老廃物や二酸化炭素を排泄機関へ運び、体外へ出す。これが血液の浄化である、西洋医学の心の主な理解である。 

中医学での「心」概念

心と意識の関係

中医学では、特に黄帝内経では、上述の心臓の役割の他にもう一つあり、心は意識をつかさどっている。

原文:心主管我们的神志(主管とはmanage, be in charge of )

心眼儿多」「有心眼儿」という言葉をよく使うが、これは、头脑灵活/思维灵活(頭が切れる)、干什么事活泛(何事にも機転が利く)と言う意味である。
「死心眼儿」「缺心眼儿」は、一根筋(融通が利かない)、死性(融通が利かない)という意味である。実際、これらのことは中医学の「心」と密接な関係がある。

心の穴 = 知覚、意識(神志)

ある故事についてお話しするが、 「一窍不通」という言葉がある。

一窍不通(yī qiào bù tōng) 無知、ちんぷんかんぷん、全く分からない

先ほどの眼儿は洞(穴)の意味である。心には洞(穴)、窍(穴)があると言われている。

商の時代、商の紂王(zhòu wang)は妃の妲己dá jǐ)を非常に愛していた。紂王は一日中仕事をせずに妲己と遊興にふけっていた(寻欢作乐)。また、無実の人々を殺していた。(滥杀无辜 làn shā wú gū)忠臣までも殺した。

紂王の叔父比干がこのような状況を見過ごせなくなり、「いつも酒と女に溺れてばかりではだめだ(你不能沉迷于酒色)、政事を行い国家を管理すべきだ」と言った。

それを聞いた妲己は、「なぜあなたは大王と私の事に口出しをするのか」と言った。妲己はあることを思いつき紂王に言った。「もし比干があなたに忠誠心があるなら、心を捧げることができるのではないか」それに対し紂王は「確かにその通りだ」と言い、そのように命令を下した(下令)。比干は亡くなり(賜死)、胸を切り開き心を捧げた。これが「呂氏春秋」に記載されていることである。

呂氏春秋 (講談社学術文庫)

比干が紂王を叱責する様子 (ドラマ動画リンク)
比干怒骂纣王是昏君,纣王一脚把美人踢下床,懵了_

比干の賜死の様子(ドラマ動画リンク)
比干被挖了心还没死,竟帅气的走出大殿,众人脸色大变!_

孔子はこれを読み、もし紂王の心に穴があったなら(通一窍)、このような愚かで訳が分からないことをしなかっただろう(又愚蠢又模糊的事)。後世の人は、孔子のこの評論を成語にした。それが「一窍不通」である。
この事は、心の穴の有無は我々の知覚、意識(神志)と密接な関係があるということを説明している。

明代医学書から見る心(の穴)と智慧の関係

明代の著名な医者 利梴の著作 「医学入門」に下記の記載がある。

  • 心にはいつくかの穴がある。
  • 有七孔,有七窍...上智之人(知識がすぐれている人 レベル上)
  • 有五孔,有五窍...中智之人(知識がすぐれている人 レベル中)
  • 有三孔,有三窍...下智之人(知識がすぐれている人 レベル下)
  • 有两孔,有两窍...常人 (普通の人)
  • 有一窍..愚人(愚かな人)
  • 有小一窍..下愚人(更に愚かな人)

実際、心臓に穴があったら生きられない。古人がいう心は実体としての心臓でないことを知るべきである。

金文から見る「心」字

「心」という文字の金文を見てみる。書き方は二つある。

①一つは、純象形。心房と心室がある。尖った円形である。莲蕊のようである。
②もう一方は、真ん中に点がある。この点が洞、窍(穴)である。

f:id:karamijp:20210303234506p:plain

①が実体の心臓
②は「心思」に相当 

心思 (xīnsi)考え、頭の働き、知恵

中医学の「心」、「心は君主之官」とは、この点のこと、つまりを心思の心を主体としている。

周から現代までの「心」字の用法と意味

金文とは周時代の青銅器上の文字である。例えば、鼎や盘がある。この伝統は周以来ずっと運用している。総じて、部首に心、坚心(りっしん)へんがあるものの多くは私たちの情感などの思惟を表している。

例えば、恐惧( 恐れる,おじける)の恐にも心が入って、惧にも入っている。慈祥の慈、忠心の忠、情感...中国伝統文化の中では古人がいう心は、ある種の情志(Emotion)を伴ったものである。

甲骨文・金文[殷・周・列国/篆書] (中国法書選 1) 金文字典

心の概念まとめ

西洋医学中医学の心は完全に同等ものではない。単純な循環器官ではなく、それを基礎とし情感、情志、思惟も含まれている。

黄帝内経で「心は君主である」と言われる理由

黄帝内経の「心為君主之官(心は君主である)」とは、人体を朝廷や国家と見なし、心は君主(皇帝、首脳)であることを指している。

君主は国家を支配、左右する。つまり、心はその他の臓腑を支配、左右する存在である。

 黄帝内経の「心為君主之官」を意味する句を見る。

心者,君主之官,神明出焉

~素問 霊蘭秘典論~ 

心者,五臓六腑之大主 是精神之所舍也 (大主: 主宰。精神を収める所)

~霊枢 邪客~

心者,生之本 神之変(生之本: 人体生命の根本)

~素問 六節蔵象論~

 全文ふりがな付き・素問 現代語訳 クラシカル素問―明解な現代語訳で東洋医学の原点を読み解く

古人が心を君主と比喩した原因

①心居于人体五臓六腑的正中(心は五臓六腑の中心にある)
 「説文解字」の中では「心者居于人身之中(心は体の中心にある)」とある。他の臓腑の解説にはこのような言葉は出てこない。(真ん中や中心などとの説明はない)

※「中」は中心の意味

説文入門新装版 漢字学: ー「説文解字」の世界ー

現代「心」の含意を問うと「中心」「物事の核心」「要旨」などが挙がる。これらは新しい含意である。様々に変遷を経てきたが、これらの変遷は「心居于人体五脏六腑的正中(心は五臓六腑の中心にある)」と関係がある。

まさに「心は五臓六腑の中心にある」ことから、古人は非常に心臓を重視した。それ故、心を君主之官と呼んだ。

② 心主宰人的意识 思维 行为 情感 (心は意識、考え、行為、情感を支配(左右)する)

  これは黄帝内経の原文にもあった「神明出焉」「精神之所舍也」のことであり、我々人体の神志活動(知覚と意識の活動)を指している。神志活動について、特に古人は非常に重要だと見ており、黄帝内経の中にも下記のような記載がある。

得神者昌 失神者亡 (得神の者は昌(勢)、失神の者は亡 )

~素問 移精変気論~

得神/有神とは

顔がほんのり赤く潤いがあり、表情は自然、行動は自然でなめらか(流利)、受け答えもはっきりして、体に力もある。食事睡眠排便排尿とも正常、目はキラキラいきいきしている(目光炯炯有神 jiǒngjiǒng)。

失神とは

一日の終わりの夜になると消沈し(萎靡不振)、体も力がない。顔もやつれて血色が悪く(萎黄)光沢がない。目に生気がない(目光呆滞)。食欲もなく、よく眠れない。このような状態を「神気が弱っている」とも言う。

ここでいう「神」は我々の生命活動の現象を指している。他に意識、思惟、行動、情感も神の概念である。

心神」が全身を支配(主宰)している 、つまり「神」が考えたことが、我々の全身にどのように行動するかの指揮をしている。古人はこれをすごいことだと思い、次の言葉を残している。

主不明則十二官危

~素問 霊蘭秘典論~ 

意味:ここでの「主」は心を指す。もし「心」が何かの異常や危険を見つけたら十二の臓腑も異常が現れる。これが意味することは「心は全身を主宰(支配)する」である。

睡眠こそ最強の解決策である 寝ても寝ても疲れがとれない人のための スッキリした朝に変わる睡眠の本

臨床でみる「心は君主」てんかんのケース

心の異常に関して、臨床で良くあるケースが てんかん(癫痫diānxián)である。

てんかんは西洋医学の観点では大脳の異常放電である。意識の一時的な喪失を起こす。四肢のけいれん(抽搐Chōuchù)、眼球の上転(双眼上吊)、異常な叫び声(叫唤声Jiàohuàn shēng)などが起こる。このようなことから羊痫风(yángxiánfēng)と呼ぶ人もいる。口から白い泡を吐く人もいる。失禁する場合もある。これは大発作の症状である。食事をしている時など、茶碗を落とす、箸を落とす場合もあり、これは意識の短い喪失である。

中医学ではこれらの状況は「痰迷心窍tán mí xīn qiào」であり、病因,病机(病態メカニズム?)は「心」に帰属すると考える。但し様々な症状は各臓腑で出現する。四肢のけいれんは筋肉の攣縮(痉挛jìngluán)である。「痉」は中医学では「肝」に帰属する。眼球の上転に関しては、「眼、目」も「肝」が主る。つまり「肝」に問題があると考える。叫び声に関して「声」は「肺」が主る。「肺」の問題である。失禁は「腎」の問題であり、口から白い泡がでるのは「脾」の問題である。

つまり「心」の器官に異常がでたら、他の臓腑が制御不能(失控)となることが分かる。それ故「心は君主之官」と呼ばれる。

これ以外にも、心神(精神)に異常があれば行為も変わる。心神は行為を主導する。
ケース紹介省略

成語で見る「心は身体を主宰」

心は行為だけでなく身体も主宰する。心と体や器官が密接な関係であることを示している成語を挙げる。

  • 心直口快(性格が率直で思ったことをざっくばらんに言う)
  • 心灵手巧 (賢くて手先が器用)
  • 心慈面善(心が善良で面持ちも良い)
  • 心明眼亮(理解でき目に曇りがない事態を正しく理解し是非を正確判断する)
  • 十指连心(関係が密接である.深いつながりがある)

心が臓腑に影響している成語を挙げる。

  • 心惊胆战(恐れおののく)
  • 提心吊胆(びくびくどきどきする)

以上のことは全て「心は君主之官」、心が体や臓腑をコントロールしていることを示している。

 仮病の見抜きかた 図解黄帝内経(中国語) (図解経典系列1) 

 

事例:運転中の電話

ラジオ番組を聞いていたら、質問コーナーで「運転中に携帯で電話をしてはダメなのは知っているが、ブルートゥース(ヘッドセット)を使うので手はふさがらないので、話しても良いか」との質問があった。

回答は「電話はいけない。電話をしてはいけないのは、手がふさがるからではなく、気がそれるからだ(分心)。緊急事態が起こったときに、間違った判断をし、事故を起こす可能性が高くなる」

これも同じこと「心は君主之官」を説明している。

ロジクール ヘッドセット H111r ステレオ 3.5mm接続 ノイズキャンセリング マイク 軽量 ヘッドフォン windows mac Chrome テレワーク リモートワーク Web会議 国内正規品 2年間メーカー保証 

古人が考える健康とは「体と精神の調和」

古人は人体の健康は精神(中国語:心神)と密接な関係があると考えた。黄帝内経の中に、人が健康か否かのキーポイントは「形神相俱」であるかどうかだと挙げている。

「俱」 は調和を意味する。「体と精神が調和している」かが健康のポイントなる。現代で言えば「心身」が健康であることだ。

中医学はただの生物医学のではない。体や臓腑に問題があれば病気と呼び、問題がなければ病気と呼ばないということではない。心や精神に病があり「形神相俱(体と精神の調和)」が取れてない場合も病気(病変)である。

精神症状から身体疾患を見抜く 

健康の基準とは

 黄帝内経の中では明確に「形神相俱(体と精神の調和)」が健康の基準としている。

WHOも健康の定義を「心身の健康」としている。これは以前の生物医学モデルの健康から進歩した。 

事例:のどの引っかかり

喉に異常がある患者がいた。何か喉に引っかかりがあり、何かあるような感じがするが、飲み込むことも吐き出すこともできない。西洋医学の病院で喉鏡、CT,MRI(核磁)などの検査をしても異常はない(没有长东西)。病気ではないとの判断となった。

その患者は我々ところへ来たが、中医学では神経症であり、心理と密接な関係があるとみる。実際には喉には何もないと判断するが、「痰气互結」との病名がつく。中医学ではこの「痰」は「無形の痰」と呼び、去痰薬か理気薬を使い治療する。効果はある。

【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒 8包 【第2類医薬品】[救心漢方]四逆散 10包 

ここで言いたいことは、心と体の関係である。体は問題ないかもしれないが、心に問題がある時、やはり不健康、健康でないとする。WHOの定義も道理にかなっている。

 「心」は人体を主宰(支配、左右)する重要な位置にあるということも際立たせる。

【第2類医薬品】ツムラ漢方桔梗湯エキス顆粒 8包 ×2 【第2類医薬品】「クラシエ」漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 24包

具体的な健康基準「五快三良」

健康の基準は「形神相俱(体と精神の調和)」であるが、具体的な基準はなにか。

「五快三良」である。「五快」を簡単に言うと「吃 喝 拉撒 睡 説 走」である。

吃喝:飲食
拉撒:排泄(大便小便)
睡:睡眠
説:話をする
走:行動

 これらが全て正常であれば健康(偏于一种健康的理念了)。
どれか一つでも問題があれば病気の状態であるか、少なくとも未病の状態である。

中医学の指す「三良」とは:

良好的个性:良い性格(良好な心理状態)
良好的為人的能力:礼儀ある人付き合いや世渡りができる
良好的社会適応能力:良好な社会的適応性

この「三良」は「形神相俱(体と精神の調和)」の「神」方面のこと、つまり心神(心、精神)の事である。

  日本のことわざを心に刻む―処世術が身につく言い伝え―   世界最高の処世術 菜根譚

事例:良好な心理状態とは(ロバと老人)

老人と孫がロバを引いて歩いていた。老人がロバを引き、孫がロバの上に乗っていた。ある人が老人に言った「そんなに孫を溺愛して良いのか。」孫に対しても「老人に敬意を持っていない」と言った。老人と孫は「その通りだ」と言いい、老人がロバに乗り、孫がロバを引いた。

すぐに別の人が言った。「老人は孫を大事にしていない。間違っている」老人は「その通りだ」と言いい、老人と孫ともロバに乗った。

またすぐに別の人が言った。「ロバは家畜かもしれないが、生命がある動物だ。そのように扱ってはいけない」老人と孫は「その通りだ」と言いい、二人とも降りてロバを引きながら歩いた。またすぐに別の人が言った。「ロバは人を乗せたり(驮人)、荷物を引かせるものだ。乗りもしない、荷物も引いていない、二人とも頭がおかしいのでは?」

ーーーーーーーー

このような状態は問題である。人に同調ばかりして自分の意見がないのはいけない(不能人云亦云)。全て人の言うことに従っている。人は良好な心理状態(精神状態)であるべきで、自分の意見を持つべきだ(主見)。

5日間で「自分の考え」をつくる本  世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業

事例:社会的適応性とは(働かない若者)

ある青年にであったことがある。身長は180㎝程。睡眠は問題なく、人との交流も問題なく、質問に対してもちゃんと回答する。食事、排便も問題ない。ただ問題が一つある。仕事をしないのだ。

理由を聞いてみると一緒にいる仲間(跟我为伍的)、つまり同僚のレベルが低いというのだ。彼らと一緒に働くことは出来ないと言う。家の者が仕事を探し、新しい仕事を始めたが2か月も経たずに辞めた。わけを尋ねると同じ理由だった。なんども転職を繰り返し色々あったが(周折)最終的には仕事に行かなくなった。そして家で過ごしている。180㎝の青年がまるっきり仕事をしない。これは正常だろうか。正常だとはとても言うことはできない。

黄帝内経の中では「人は正常に考えるべきである」とある。「形神相俱(体と精神の調和)」を説いている。「形神相俱」のうちだれが君主か。「心が君主」である。これは非常に重要なことである。この点を特に注意しておく必要がある。

心のおさらい(重要点)

二点の重要な点をおさらいする。

1、心の位置はその他の臓腑の中心にある。そしてその他の臓腑を主宰する。

2、「心主神(心は精神をつかさどる)」「心神は全身を主宰する」よって心は君主である。

では、健康について、養生についてどのようにすべきか?

「心身兼養」に注意し、特に精神面(神志)の養生を注意すべきである。

心と体を強くする「養生」365日 不調ごとのセルフケア大全 おうち養生 きほんの100 生活の木 エッセンシャルオイル サンダルウッド 10ml

西洋医学の観点では、心は循環器官の主宰である。血液を全身に循環させるのは心に頼っている。心臓がずっと動いているからこそ全身を主宰する。心が動かなくなったら人は亡くなる。

突発疾病について平常問題なく過ごしていても。突然心筋梗塞になれば亡くなる。つなり心臓は動かなくなる。「心」は「火」に属する。命の炎が消えるということだ。(火苗衰了)

 神田橋條治が教える 心身養生のための経絡・ツボ療法 100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減 

心の養生の方法(内関のツボ)

内関穴という ツボがある。心臓によく、精神の安定にも良い(稳定心神)。

ツボの位置

手首の線から指2つ分肘側にあり、手首(腕)の二つ筋の間にある。拇长肌腱と桡侧腕屈肌腱の間ににあるツボである。このツボを揉み押すと(揉按)心臓に良い。不眠、イライラして怒りやすい、気分が損なわれている(心里头不舒服了)そわそわしている(心慌)などにも良い。

押し方
親指で揉み押す。時計回り、逆時計回りどちらでも良い。毎回50回ほど。

人によっては、胸闷,气短(息が続かない、息がせわしい)、憋气(息苦しい、息が詰まる)、胸の痛みなどもこのツボを揉み押すと良い。

また場合によっては、背中の不快、腹部の不快は背中や腹部の病ではなく、心臓と密接な関係があることもある。このようなケースも内関のツボを揉み押すと良い。

事例:内関のツボに針を刺し実験(動物?)

  • 心筋虚血の心筋に対しての効果(心肌缺血下的心肌存活)
  • 心筋への血液供給(心肌的供血)

 経絡・ツボの教科書

 

1 黄帝内経 概要

2016 北京中医薬大学教授  ~ 講座記録 & 個人の備忘録+メモ ~

オリジナル言語 : 中国語

黄帝内経の観点 

①人体と自然界は一つの整体

  • 四季や気候変化に合わせて、衣・食( 因時养生)
  • 同じ症状でも南方の医者と北方の処方(方子)は異なる→地理環境によった治療
  • 自然界と人はくくられている(把人自然界捆绑在一起)
  • 「人以天地之气生,四时之法成(素問)」
  • 人を一つの小整体と考える(把人看成一个小整体)

☆西洋では不足したものを補う
中医では外から補充しない

☆西洋(西医):血が不足...  鉄分、カリウム、ナトリウムが不足 → 補充
中医自分で生み出せるようにする

例:血虚(血が不足)の状態に、当帰補血湯(当帰と黄耆)を服用。当帰は血を、黄耆は気を生む。以气生血。

笑話:当帰と黄耆を煮て瓶に入れると血になるか → ならない。
口に入れると、人体の血を作る器官に作用

血虚五臓を通じ解決する

五臓(心肝脾肺腎)は小さな朝廷。体の問題はこの朝廷を通じて解決する。

②人体の世界は運動変化している(人体世界处于运动变化当中)

中医の診察で3日分の湯薬が処方される。3日後また診察し、その時の病状(変化)をみて処方を調整する。(病は運動変化の状態)弁証論治(辩证论治)

弁証論治の概念 動画

図解入門よくわかる黄帝内経の基本としくみ (図解入門 東洋医学シリーズ)

蔵象学説

西医:どの臓、どの細胞組織に問題があるかの診断

中医黄帝内経での内臓の認識、見方は「蔵象学説

体の外(表)に現れた変化、症状、状態、現象などで体内(中)の臓腑の状態を知

(蔵象:蔵は臓腑、象は表に現れた変化や症状(明代注家张介宾の解説))

 これを黒箱理論(ブラックボックスセオリー)という人もいる。

蔵象学説の理論と運用 (1976年)

<臓腑の見方>

西医:五臓六腑(中医と突き合わせることができる。三焦以外)

中医:機能性の集合体(功能性的一个集合体)

 

五臓:心・肝・脾・肺・腎
六腑:胃・ 胆・小腸・大腸・三焦・膀胱

三焦とは

水液代謝の道路

素問:「三焦者,决渎之官,水道出焉」
難経:「有名而无形」

素問 難経

教授の考え:

中医学は千年以上前からあるが五臓六腑の形態の理論ははっきりとした表現や説明がない。それにもかかわらず医学は良い発展をしてきた。つまり、これは中医学が機能を重視し、実体(形)をあまり重視していないと説明できるのではないか。 

周易:「形而下者谓之器、形而上者谓之道」

先人は抽象の理や規律をより重視。形而上は事物間の関係だが、形而下の器物を重視していない。

形而下_百度百科

 形而上の抽象、形而下の具体

 臓腑経路・三焦の弁証と処方

中医学の事物の理解の仕方

「象思維」

風が吹けば木が揺れる。木は自分でコントロールはできない。風に任せるしかない。

このことを人体に関連して考えると、人体の手足が思うように動かない、ゆうことを聞かない時、中医学では風病かとみる。

脳血管に問題がある患者が手が思うように動かせない、また、パーキンソン病の患者のように手がずっと震えている。

中医学では、誰が手を震えさせているか、手を動きを阻止しているかというと、「風」がそうさせていると考える。これを「象思維」という。風勝則動(风胜则动)

 

水差し(急須)の蓋には穴がある。水を注ぐ時にその穴をふさぐと水が出ない。皆このような現象を体験したことがあると思う。中医学ではこの現象を人体と関連付けて考える。私たちの人体は大きな水差しと考えると、やはり水は出さなければならない。では、何に頼って出すのか。やはりその穴が必要で、人間の体では肺がその役割となる。

中医学で水肿(浮腫、むくみ)の治療には、「宣肺」という方法を取る。「宣肺」で小便不通(尿閉)や水肿の治療をする。この方法は提壶揭盖法と呼ばれる。これも「象思維」の運用である。

提壶揭盖法 大小便不通 に有効だったケース(動画)

https://www.bilibili.com/video/av755080020

このように黄帝内経は、

古人の陰陽、五行、精気学説などの思惟を用い、

人体と自然界の緊密に結び付けた上で、

分析、探索、解決する独特な方法

 問題の認識、問題の分析、問題の解決の独特の方法である。

西洋医学中医学

明清以後西洋医学が中国に伝来。多くの中国人は西洋医学の基準に照らして中医学を判断する。西洋医学に基準に合うものは科学的、合わないものは非科学的というように。

一つの基準だけで物事を計るのは、いささか問題がある。世界、人体は複雑であり、一つの基準だけで量ることは不可能である。

私たちは私たちの中医学を堅持し、中国伝統文化であるこの思维方式で大千世界(世界)を知るべきではないか。

西洋医学も今それを認識し、将来の医学発展には更に以下を重視する方向である。

  • 個体治療
  • 心理要素
  • 予防
  • 環境要素

中医学は将来の医学発展趨勢の代表と言う人もいる。

現在は「精准医療」「精准治療」の事が話題になっているが、

精准治療とは個人の個体の情況に基づい真実を求め(実事求是)実際の治療を結びつけるものである。これは中医学の弁証論治と同じではないだろうか。

黄帝内経が完成した年代(推定成書年)

 黄帝内経は「素問」81編 「霊枢」81編 合計162編(篇)という構成。論文集の性質。

大部分が黄帝と岐伯の一問一答形式。黄帝と伯師、伯高等。

素問霊枢 

 黄帝内経のできた年代は、以下のように学界でも様々な意見がある。

  • 黄帝の時代にできた( 黄帝が書いた)
  • 戦国時期にできた(諸子百家、様々な思想が沸き起こった)
  • 西漢の末にできた

では一体いつなのか。まず、2つの明確にすべき点がある。

① 何を以って「成書(書物になった)年代」とするのか

 散在しているものが編纂され、一冊の本として形成されたときを成書年とする。

黄帝内経内の学術思想が、以前の時代にあったからと言って、それを黄帝内経の成書の時代とすることはできない)

②文献上に「黄帝内経」の名前が登場するのはいつか

本の存在があれば、本の著書名(タイトル)がある。

黄帝内経」の書籍名が登場した最も古い文献を知ると、その時代には「黄帝内経」が存在していたと言える。

上記の①②を基に考える。

著書名がする登場する最古の文献

黄帝内経」の名が見られる現存の最古の文献は、班固の「漢書・芸文志」である。「漢書・芸文志」は劉向・劉歆の「七略」からの引用だが「七略」は失われ存在していない。

つまり「黄帝内経」は西漢末、遅くとも紀元前26年には存在した

それ以前の著名な文献

呂氏春秋」「韓非子」「春秋繁露」には「黄帝内経」の記載はない。つまり、この時代にはまだ「黄帝内経」がないと説明できるだろう。

特に、「呂氏春秋」は諸子百家の取りまとめであり、著者が自身の著物を素晴らしいものと見なしていた。内容に間違いを見つけたものには千金の褒美を与えるとまで言ったほど良い出来だった。(一字千金の語源)。その「呂氏春秋」に「黄帝内経」の記載がないということは、やはり「呂氏春秋」が書かれた頃には「黄帝内経」はなかったと言えるだろう。

教養としての中国古典呂氏春秋 (講談社学術文庫) 

司馬遷史記」をみてみる。司馬遷漢の武帝の史官だった。官辺筋の著作には何千年の歴史が記載される。また史記には、多くの医書の記載があり、「扁鵲倉公列伝」の記載もある。後世の医家の為の伝記があり、また大量の医書の記載があるにもかかわらず、「黄帝内経」の記載はみられない。これは「史記」書かれた頃には「黄帝内経」を見た人がいなかったと言えるだろう。

司馬遷は紀元前99年に入獄したと言われ、「黄帝内経」の成書年は紀元前99年以前の可能性はない。

よって「黄帝内経」は、紀元前99年から紀元前26年の間に編纂が成功したと言える。

前に述べたように、黄帝内経は162編(篇)から成り、それぞれの編が出来た時代は、成書の年代(書物になった年代)とは異なる。あるものは早い時代に書かれ、あるものはあとに書かれた。

現代語訳 史記 (ちくま新書)史記 大合本1 1~5巻収録

黄帝内経の著者とは

誰が著者なのか?  

一人の人物が書いたのではない。ある長い期間の医学論文を集めて、整理して、編纂してできたものである。

黄帝」が著者と言うわけではなく、「黄帝」の名義を借りたと言える。

淮南子 Huái nán zǐ」に下記の記載がある。

世人多尊古而贱今,所以凡为道者,必托之于神农 黄帝而后能入说

(世の中の人々は古代を崇拝、現代を軽視する。思想家などは自身の言動を神農や黄帝の名を借りて(根拠にして)行う。)

当時このような風潮があったと言える。

黄帝内経黄帝の名義を借りたもの(托名)と言える。

淮南子の思想 老荘的世界 (講談社学術文庫)

黄帝内経」著書名(タイトル)の意味するところ

"内経"とは

黄帝は托名である。では内経は何か。

漢書・芸文志」に医経七家の記載がある。

この7つで現在残っているのは黄帝内経のみである。

「内経」の解釈には学界でも色々意見がある。例えば、「内」「外」には特に意味がなく、「上」「下」巻のようにの単なる順番である。または、「内経」は理論、「外経」は治療技術という意見もある。しかし黄帝外経は残っておらず、現在確かめる方法がない。

"素問"とは

黄帝内経は「素問」と「霊枢」から成る。

宋代の林億は医書校勘を行った。林億は「乾凿度」の下記を挙げている。

有形者生于无形、有太易,有太初,有太始,有太素
太易者,未见气也。太初者,气之始也。太始者,形之始也。太素者,质之始也

以下のように解釈できる。「素」は”本質”や”根本”を表し、素問の名前の含意はこれである。生命の本質とは、人体が成長し老いるまでに、なぜ病にかかるのか、どのように治療するのかという点であり、「素問」にはこの本質に対しての問いが書かれている。

”霊枢”とは

「霊枢」はそもそも別「九巻」と言う名前だった。東漢の張仲景は「傷寒雑病論」を著した。中医学の経典である。「傷寒雑病論」の執筆には、「素問」「九巻」「八十一難」等を参考したという句がある。「九巻」とは現在の「霊枢」である。

参考:民间神奇的秘方验方偏方传奇 ---正本:《伤寒论》原序中“撰用《素问》、《九卷》……”等内容不是张仲景所写

 

黄帝内経は18巻である。「素問」の九巻を除くと残りは九巻である。これが名前となり「九巻」と呼ばれていた。

「霊枢」との名前は、唐代の著名な医者 王冰がつけた。王冰は「素問」全体に対して補注をした人物。王冰が素問を見たとき、 非常に内容構成が乱れていた(凌乱不堪)。各篇の順番や、各篇のタイトルや内容も一致しない状態だった。

王冰は12年の時間をかけて、また王冰の師匠張公の秘蔵本を取得し、黄帝内経に対し、改めて編成、整理、補注(编次,整理,注释)を行った。これが私たちが現在見ている素問である。王冰の黄帝内経に対する貢献は大きい。

王冰が素問を編集するときに引用したのは「九巻」や「針経」であった。彼は「九巻」や「針経」を「霊枢」と呼んだ。

「霊」とは霊験/灵验(辞書:薬の効き目があること)の意味で、枢は关键(かなめ、キーポイント)の意味である。

黄帝内経の伝播

黄帝内経が流伝は平坦なものではなかった。(坎坷)

素問

西漢末の成書後、唐代の王冰の時代には内容や構成が乱れていた。王冰が整理し、文字(文章)がなくなっていた部分に対しても補充した。(丢字的部分,他补入了)

王冰の学問に対する研究は謹厳であり、「補充された文字は全て朱で記す(所补之字,皆律朱书之)」と記載されていた。よって原文(墨)と王冰が補填した部分(朱)は明白だった。

しかし北宋になり、国の校正医書局が素問の校正した時(伝わっていたもの?)には、墨と朱の違いがなくなっていた。

今伝わっている「素問」は、唐代の王冰の校正、そして北宋校正医書局の校正を経てたバージョンである。

 

素問は9巻であるが、王冰が見たときは8巻だった。王冰は師匠張公の秘蔵本を1巻にして足し9巻とした。それが「五運六気学説」である。現在の「運気学説」は王冰の師匠の秘蔵本である。黄帝内経の他の部分と「五運六気」の文字(文字構成?)に一体感がないという人もいるが、その理由がこれである。

霊枢

「素問」は歴史の中で整理、校正、校勘されたが、「霊枢」はされなかった。北宋の時代、校正医書局は医書の校正を計画し、「霊枢」も校正対象に挙がっていた。だが、理由は不明だが校正をされなった。

「霊枢」の流伝も平坦ではなかった。北宋になって高麗が書目を献上した。
(到北宋高丽国到中国来进献书目)

その中に「霊枢」が見られた。高麗は献上しに来たのではなく、多くの書籍を、他の書籍(「資治通鑑」)と交換のために持ってたという人もいる。

当時話し合いが行われ、「資治通鑑」を渡すか渡さないか、また渡すに値するかしないかなどが話し合われた。最終的には書籍の交換をした。

当時「霊枢」は存在し出版もされていた。しかし北宋南宋の時代は戦争が各地に広がり(战火纷飞)、「霊枢」はまた途絶えてしまった。

南宋の史官、史崧は家のある古い秘蔵の本を使い音釈(音释)した。その古い秘蔵の本とはかつて高麗が献上した書籍の中にあった「霊枢」である。これが現代に伝わっている霊枢のバージョンである。

現在

現在、素問、霊枢とも良い状態であり、出版されている。どのバージョンが良いかと聞かれたら、人民衛生出版社のものが良く、我々は「梅花本」という愛称で呼んでいる。(表紙に梅の花が描かれている)

梅花本(写真) 中国の方のブログ

まとめ

黄帝内経は中国文化の宝物である。
また中医学の主要な経典でもある。(最も古く、最も全面的、最も体系的)
そして中医学の理論体系を表したものである。

よって、中医学がどこから発展したかという問いには、黄帝内経から発展したと言うことができる。それゆえ、黄帝内経は医家之本、医家之宗と呼ばれる。

黄帝内経は古人の思考や考えを表し、また反映したものである故、中国伝統文化を表したものだと言える。中国伝統文化を勉強したいなら、黄帝内経を勉強し理解すべきである。